男性ならば、メンズファッション雑誌に載っているようなおしゃれをしてみたいと思いますよね。

サイズ選びが重要

ファッションで服を着る際に一番気をつけなければいけない事、それは「サイズ」です。

ピチピチなキツイシャツやズボン、また逆に、ダボダボなジャケットやジーンズをはいていませんか? お洒落なコーディネートを目指すにあたっては、自分の体型、体格にぴったりとフィットした服を選んで着るのはとても大事なのです。 子供の頃、「すぐに体が大きくなるのだから」と言って、大きいめの服や靴を買わされていたのではないでしょうか? 男性は特に子供のころは服装に気を使う人は少ないですので、その習慣がそのまま引きずられてしまい、大人になっても無意識に大きい服を買っている、という人は少なくありません。

試着をしよう

また、男性は試着をする事が女性に比べて少ないです。 また、お店で服を物色する時間も少なく、第一印象で服を選んで買ってしまう人も多いです。 家に帰っていざ着てみると、体型と合わずに違和感がある、と言う様な事を防ぐためにも、服の吟味と試着は必ず行うようにしましょう。 服のサイズにはMやL等、大まかなサイズは書いてありますが明確な大きさの規定ではないので、実際に着てみると一方ではMサイズがちょうどよく、もう一方ではLのサイズがぴったりだった、なんて事もあるので、試着はとても重要なのです。

体格との兼ね合わせも大切

洋服のサイズは、太っている人を想定しては作られてはいません。

基本的には標準的な体重、体格か、それより痩せている人、言ってしまえばスタイルの良い人を基本に作られています。 良い服があったのに太っていたために着られないorに合わない!なんて悲しい事にならない為にも体重の管理はしっかりとしましょう。お洒落で大事なのはまず自分自身の事です。 BMI指数が25以上の人は肥満で、服の同周りなどがきつくなるでしょう。服の選択肢が狭まってしまいますので、ダイエットをお勧めします。 逆に、BMIが18未満の人は痩せすぎです。

するとMがちょうどいい筈なのに、細すぎるせいでダボダボと浮いてしまいまったり、そう思ってSサイズにすると丈が短かったりと、これはこれで良い感じに服が合わなくなってしまいます。 やはり、体格にあった適正体重と言うものを考えて管理しましょう。 服に限らず、ズボンも同じです。 丈が短いと情けないし、逆に長くてもみっともないです。 ファッションセンターで買う時にはしっかりと採寸を合わせて貰いましょう。靴を履いた時に裾が少し余って皺が出来るくらいがベストです。

ファッションサイト

ファッションセンス

ファッションにアクセントをつけると?
季節に合わせた素材や服装を心がける
女性に不人気のこんな恰好していませんか?
通販や中古で服を買うときのポイント