男性ならば、メンズファッション雑誌に載っているようなおしゃれをしてみたいと思いますよね。

季節感のあるファッション選びを

ファッションに季節感を出す事によって周りと違和感のないコーディネートにする事が出来ます。

季節感を完全に無視しかコーディネートにすると、暑苦しかったり、逆に寒々しい印象を与えたりします。 ファッションはこの季節感と清潔感を大事にします。しっかり季節に合った服装をしていれば自然にまとまりと清潔感は出てきますので、ここでは季節感を出すためのポイントを書いていこうと思います。

・春

春先は暖かい日と寒い日の差が激しいのですぐに羽織れるパーカーやジャケットが良く着られます。重ね着が多いのでインナーとトップの配色に気をつけましょう。 色はあまり暗くない、春っぽくさわやかな配色にしましょう。 あまり、原色ではない、トーンの柔らかな色味の物を着ると春っぽさが出ます。

・夏

なんといってもさわやかさでしょう! 暑苦しい服装はNGです。 白や青など、清涼感のあるシャツを着ましょう。逆に黒は太陽光を吸収して暑いですし地味なので駄目です。 グレーも汗のにじみが目立つのであえて選ぶ必要は無いでしょう。 メッシュ生地など通気性のよい物を選んで汗を出来るだけ目立たせないも、さわやかさを引き立てるコツですね。 逆にズボンですが、これは色々と自由に選んでも良いかと思われます。 全体がしっかり締まるジーンズでもいいでしょうし、ラフな感じのカーゴや短パン等も涼しそうで良いのではないでしょうか。 きになるのは脛毛です。 たくさん生えているのに短パンなのも何か汚いですし、かといって剃るのは女々しいかも。 体毛が濃い目の方はのそれを利用できるよう、男っぽい、ワイルドなコーディネートを意識してみてください。

・秋

秋も春と同じで重ね着が有効です。

ジャケットやパーカーとインナーの組み合わせを意識してください。 ただ春のようなさわやかな配色より、これから冬に向けてあったかくする気持ちで、暖色を用いた暖かい印象の配色にすると良いと思います。自然と同じ、アースカラーを用いると落ち着いた印象になります。 ベージュのパンツは組み合わせの幅が広いのでおススメです。

・冬

冬はインナーよりもコートの方が外で良く見られます。内側は秋のファッションを基調にして、その上に合ったカラーのコートやジャケットを着こむようにすると違和感なく簡単だと思います。 若い人はPコートが人気でしょうか。丈が短い方が着こんでいる暑苦しさが無くすっきりとした印象になります。 ダウンジャケットは厚ぼったい印象になりますので、寒さに耐えられないという時以外はお勧めしません。

ファッションサイト

ファッションセンス

ファッションにアクセントをつけると?
季節に合わせた素材や服装を心がける
女性に不人気のこんな恰好していませんか?
通販や中古で服を買うときのポイント