男性ならば、メンズファッション雑誌に載っているようなおしゃれをしてみたいと思いますよね。

流行を追いかけること

一つ、自分の好みでお洒落なコーディネートが作れたからと言って

それをずっと毎期続けているわけにはいきませんよね?ファッションの楽しみ方の一つは様々な服を組み合わせて色々なバリエーションの服装を楽しむ事があります。 ここでは服の組み合わせのコツ、テクニックを紹介しようと思います。 まず、服の色についてですが、基本的には「用いる服の色は3色以内」にしましょう。4色、5色と用いる事もありますが、服の色が増えると全体としての統一感が無くなってしまい、ごちゃごちゃとした印象になってしまいます。

一番わかりやすいのは白シャツと黒、または青のジーンズでしょうか。シンプル・イズ・ベストな組み合わせですね。 しかしこれだと素っ気なさ過ぎるので、もうひとつ色身を加えたいです。 ここで2つのポイントとして
・相性の良い組み合わせの色と無彩色の3色でのコーディネート
・色が強い2食と黒の3色でのコーディネート
この二つの組み合わせ方は良く使えます。


相性を考えよう

一つ目の「相性の良い組み合わせの色と無彩色の3色」ですが、例えば紺とベージュを合わせた服に、パンツは黒のジーンズにするなどするやり方です。 一色を黒や白の無彩色に決めてしまい、その後組み合わせの良い2色を選びます。 無彩色がベースとなってくれますので基礎がしっかりとし、失敗があまり無い、オーソドックスな組み合わせです。濃い目のジーンズパンツを履いて、上の服などをその日、季節に合わせて組み合わせたりすると、考えるのが楽です。

もう一つの「色が強い2食と黒の3色」ですが

強い色を2色以上使うと組み合わせがとても難しく、大抵失敗します。

しかし、黒を一色加えてあげると、全体にまとまりが出来て他2色が強い色でもバランスが崩れにくくなります。 やはり黒を入れるとベースがしっかりするようです。 ちょっと奇抜な色の組み合わせに挑戦したい!という時にはズボンを黒系にしてあげれば、上の服の色が強い物同士の組み合わせでも上手くいきやすくなります。

以上の二つに共通するのはどちらも無彩色の黒を上手く使っている、という事です。 まだ上手く服の組み合わせが決められない、と言う方は取りあえず濃い紺や黒のジーンズを穿いて、それから上の服の色を決めるコーディネートの仕方をすれば上手くいきやすいと思います。 念頭に置くのは全体のバランスなので、色のトーンなども見て、組み合わせて浮いていないかもしっかりとチェックすると良いかと思います。

ファッションサイト

ファッションセンス

ファッションにアクセントをつけると?
季節に合わせた素材や服装を心がける
女性に不人気のこんな恰好していませんか?
通販や中古で服を買うときのポイント