男性ならば、メンズファッション雑誌に載っているようなおしゃれをしてみたいと思いますよね。

服装を決めるときに特に大事なのは色の組み合わせですね

この色彩のセンスがそのままファッションセンスに直結しているといっても過言ではない。

でもファッションに詳しくないと、なかなかどんな色の組み合わせが正解なのか、良くわからなくて、白、黒、青とかの無難な服ばっかりになりますよね。 ここでは服の色の組み合わせに関する事を紹介しようと思います。

・ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラー

服の色の組み合わせをする際、「ベースカラー」「アソートカラー」「アクセントカラー」と言うものを考え、これの組み合わせ、割合を考えればコーディネートはまず失敗しないと言って良いでしょう。

ベースカラー:服装における全体的な見た目を決定させる色です。一番面積が広く、雰囲気がこのベースカラーで決まります。全体の大体7割を占める色になります。主に服がこの役割になります。

アソートカラー:主な役割は、ベースカラーの引き立て役、全体を纏める補助色の役割になります。体全体の面積的には、約2~3割を占める広さの色です。 靴やパンツなどがこの役割になります。

アクセントカラー:少しだけファッションの中に取り入れる事で全体にメリハリを出す色の事です。面積は全体の1割以下にします。 アクセサリーやバンダナ、タイなどを使ってこのアクセントカラーを演出します。 所謂「挿し色」と言うものです。

この3つの色を、上からの順で7:2:1の割合で組み合わせれば、まずコーディネートの失敗は無いでしょう。

また、色の組み合わせですが

これは本当に色々なアプローチがあり

人それぞれ考え方も違って難しいのですが、メジャーな理論、配色の考え方がいくつかありますので参考にしてください。

・同系の色を組み合わせ、それぞれの色の濃淡で配色をする。その色系のイメージが強調される(トーン・オン・トーン)

・色々な色を使うが色調を一つに寄せてまとまりを作る(ドミナント・カラー)

・同じトーン、濃さの色でまとめてコーディネートする。例えば濃い色の服同士の組み合わせ、淡い色の服同士の組み合わせなど(トーン・イン・トーン)

・灰色などの中間色のみを組み合わせる事で落ち着いた色身を作る。冬や老人に対するファッションにも向く(トーナルカラー)

・色は2色だけ用い、白と黒など、コントラストがはっきりした服を合わせる。さっぱりとした印象に(ビコロール)

等など、色々な考えがあり、自分でオリジナルの配色を考えるのもありですが、色々と配色に調べてみるのも楽しいですし失敗も減りますよ!

ファッションサイト

ファッションセンス

ファッションにアクセントをつけると?
季節に合わせた素材や服装を心がける
女性に不人気のこんな恰好していませんか?
通販や中古で服を買うときのポイント