男性ならば、メンズファッション雑誌に載っているようなおしゃれをしてみたいと思いますよね。

ファッションと言う物には「コツ」があります。

どれだけ奇抜だったり、逆にシンプルだったりしていても

コツをしっかりとつかんで取り入れていれば大きな失敗はありません。 そのコツをいくつか紹介していこうと思います。
中古ドメイン

・服の上下の色の組み合わせにメリハリを!

服装のシャツとパンツと靴、これらの服の色の組み合わせを工夫して、上から下、または下から上へ色の濃淡、グラデーションが出るようにしましょう。 例えば白のシャツ、ブルーのジーンズ、紺のスニーカーのような上から下に色が濃くなる組み合わせや、白いシューズ、クリーム色のパンツ、茶のジャケットのように下から上に色を濃くする組み合わせ等です。 このようにする事で服装に奥行きが出て統一感やメリハリが付き、見栄えが良くなります。 基本がしっかりするので応用できくずしやアレンジを加えるときにこれを守っていると出来が良くなります。
7インチタブレット SIMフリー

・服の色に季節感を取り入れる

色には「暖色」や「寒色」など、その色を見て人が感じるイメージを指す色があります。 例えば赤やオレンジは「暖色」ですし、黒や紺などの色は「寒色」です。 もし夏の暑い日に、どこかのテニスプレイヤーのように真っ赤なTシャツを着ていたら廻りの人は暑苦しく感じますよね?逆に、木枯らしが吹き荒ぶ冬空で青色の服を着ていたら何か寂しく見えてしまいます。 このように、服の色と季節や温度との組み合わせで印象は大きく変わってきますので、それを利用しましょう! 暑い夏は涼しげな寒色系の服を取り入れ、冬場は暖色系の暖かな印象を受ける服を纏うようにしましょう。 季節感を演出することはファッションの基本です!

・「挿し色」はさり気なく使おう!

全体的に青色で纏めた服装に

バンダナや中のシャツなどで補色や対色を用いる、アクセントをつける為の色を「挿し色」と言います。 この挿し色を効果的に使う事が出来ればファッションレベルは一つ上のレベルに上がります! ポイントは「主張しすぎない」ことです! あくまでも挿し色はアクセント。見せびらかすような使い方はせず、インナーだけ統一感の無い色を選んだり、小物だけ色調を変えるなど、さり気ない使い方をするのがベターでしょう。これはあまり挿し色を強調してしまうと、全体の統一感が無くなってしまう事になるからです。 また、目線が分散しないよう、1ポイントだけにするのも良いです。 この3つはファッションの基礎なのでまず意識しておきましょう!

ファッションサイト

ファッションセンス

ファッションにアクセントをつけると?
季節に合わせた素材や服装を心がける
女性に不人気のこんな恰好していませんか?
通販や中古で服を買うときのポイント