男性ならば、メンズファッション雑誌に載っているようなおしゃれをしてみたいと思いますよね。

アクセサリー選びは慎重に

女性はネックレスやピアスなど、

比較的多くのアクセサリーをつけて装飾をしていますが、男性の場合はあまり付けませんね。最近はアクセサリーをつける男性も増えてきたようですが、男性で付けるアクセサリーは使い方を気をつけないと返ってダサく、悪い印象に見られるようです。 上手くアクセサリーを付ければアクセントになって良い物ですので、コツと注意するべき事を紹介しようと思います。

女性から印象の悪いアクセサリー

女性からの受けが良くないアクセサリー。もっとも受けが悪いのは「髑髏のシルバーアクセサリー」と「ゴールドのチェーンのネックレス」などのようです。金色のアクセサリーは、逆に安っぽい、メッキの様な印象を受けるようですし、成金のイメージなども付随するようで、よっぽど似合うかセンス良く合わせないと返ってダサくなるようです。 また、髑髏等のシルバーアクセサリーも同様に、「本人はカッコよく思っていても気持ち悪いだけ」という感想が多いようです。 何か確固とした意志、思惑があった時以外に、安易にこれらをつけるのは避けた方が良いかと思われます。 それと、耳のピアスもあまり女性受けは良くありません。 女性は普通にピアスをつけるから、逆に女々しく見えるようです。 余談ですが、外国では男性が片方の耳にだけピアスをするのは「ゲイ」のしるしとされています。

無理に付け加えないこと

アクセントカラーなどの配色にも気を使った非凡なファッションならば

無理にアクセサリーを足さない方が良いのかもしれません。 しかし極力シンプルな服のコーディネイトの時には個性を出すためにアクセサリーを足すのはありです。 一番無難なのはネックレスでしょうか。 ごつい物は悪目立ちしてしまって返ってダサく見えるので、シンプルなワンポイントのものが良いでしょう。シンプルなシルバーの物や、ロザリオ等は定番ですね。 宝石を真似したようなレプリカや、上記したようなゴールドのアクセサリーは下品なので控えましょう。

アクセサリーは付けるのは一つだけにしましょう。 シンプルな方が好まれます。 ブレスレットにネックレス、ピアスに指輪などごちゃごちゃ付け過ぎるのは良くありません。あくまでアクセサリーはアクセントの役割です。 先ほど避けた方がいいと言ったピアスも、付けるのならば小ぶりで黒やシルバーの小ざっぱりとした印象の物をつけましょう。 カジュアルな服装ならリストバンド等付けても若々しさが出て良いかと思われます。 あくまで脇役のアクセサリーですが、その分センスが見えてくる重要な部分ですので慎重に選びましょう。

ファッションサイト

ファッションセンス

ファッションにアクセントをつけると?
季節に合わせた素材や服装を心がける
女性に不人気のこんな恰好していませんか?
通販や中古で服を買うときのポイント